最近の投稿

乗車できる定員が少ない

クーペと言えば走行性を重視したスポーツタイプの車両といったイメージがあります。高級志向のスポーツタイプ車両に多く採用されている形式ですが、簡単に説明するとツードアで走破性に特化したスポーツタイプの車両のこと。多数の人間を乗せることを想定していないため、どうしても乗車スペースに限りがあります。完全にツーシーターのものもあったり、後部座席があったとしても非常に狭かったりと、家族向けの車両といったイメージではありません。それよりも車が好きな方が所有する、嗜好性の高いジャンルです。また、社内が狭いだけでなく、乗り降りが不便なのもデメリットの一つ。ツードアのため、後部座席に乗り降りする際は、助手席か運転席どちらかのドアから行わなければならないからです。特に雨の日などは傘を差したりしなければなりませんし、あまり長い時間駐車することのできない場所での乗り降りは周りの車両に迷惑をかけてしまうこともしばしば。このように利便性の高い車両とは言い難いのも事実です。しかし、走行性を追及された車でもありますので、走る楽しみを充分に感じることができる車両です。クーペを所有するのであれば乗車人数に制限があることや、乗り降りの際の不便性もよく考慮し、上手に付き合っていかなければなりません。

Comments are closed.