最近の投稿

ユーザー車検代行の内容について

ユーザー車検とは、車をディーラーに出さずに自分で国の実施する検査を受けに息、車検だけを取得する方法です。業者に全てをまかせるよりも費用が安く済みます。しかしユーザー車検は、自分で陸運局の書類作成に出向いたり、検査コースで受験したり面倒な面があります。また調整を命じられれば、別途料金が浮上し、時間も長くかかってしまいます。そこでユーザー車検代行という形で、面倒な手続きを専門の業者に委任します。依頼すると代行業者が国の検査を受けに行きます。しかし代行業者は検査ラインに車を通すだけで、点検や整備はあくまでも自己責任で行わなければなりません。法定点検では分解整備が行われるため、認定工場ではない代行業者が点検をすると違法です。国の検査に通ったら通常のユーザー車検に戻ります。国の検査では車内部の点検は行いません。よって、ブレーキパッドの減り具合やエンジンオイルの状況は、自動車整備工場などで点検してもらいます。国の法改正で車の使用者の自己管理責任が明確化されたことから、自分の車は自分で管理するのが基本です。しかし業者車検よりも安価でできて、サポートが充実している代行サービスを利用する人も少なくありません。

Comments are closed.