最近の投稿

盗難に備える保険の必要性

自動車を購入した時、自動車盗難保険に入っておかないと車体が壊された、車の中のものを何か盗まれた、車ごと盗まれたなどの事態に遭った時に対処できなくなります。また年々自動車盗難に関する被害が増えていき犯罪者は日本人だけではなく外国人の窃盗犯も増えているので、いざという時のために自動車盗難保険には入ることをお薦めします。この制度はカーナビやオーディオなどの装備品や車体の破壊、車内の物品の盗難などに対して保険金が下りる制度です。ですがこの制度が適用されないケースもあります。それは、契約者が故意に被害を装った時、タイヤの盗難の時、戦争や内乱・暴動での被害の時、差し押さえ・没収の時、自動車に定着されていない付属品の単独事故、バイクの盗難の時。以上の場合、保険は適用されません。詳しく説明するとタイヤは消耗品としての扱いなので適用外です。また差し押さえなどは公権力によるものなので適用されません。そして自動車に定着されていない付属品の単独事故での例でいうと車のカギを掛け忘れたことによる盗難事故で、このような事態の場合は自分の不注意が原因なので、これも適用外になります。最後はバイクですが、バイクは盗難に遭う確率がとても高いため適用外です。以上のように盗難保険に加入していても適用されないケースがあるので、しっかり内容を把握したうえで加入することをお薦めします。

Comments are closed.