最近の投稿

車検証に記載と違う形式のエンジン搭載していないか

日本では、新車なら3年、その後は2年ごとに車検を受けなければならないことになっています。
車の状況によっては、車検が通らないことも起こり得ます。
理由はたくさんあります。
例をあげますと、駐車違反の反則金未納でも車検は通りません。
また、またフロントガラスにひび割れがあったり、あるいは、ステッカーが貼ってあっても不合格となります。
ほかにも、車検証に記載されている内容と異なった形式のエンジンを搭載していても、車検は通らないのです。
現実に、車検のときにはエンジン形式を必ず確認しますので、漏れなくチェックされます。
たとえば、同じメーカーのエンジンの排気量が異なるものを載せていても、あるいは、同じ排気量であっても型式が違う場合は、車検は通りません。
車検では、当該の車がメーカーの指定されているものと同じの車であるかをチェックするのです。
メーカーは、国に対して販売の許可をとってから販売していますので、車検は、許可された状態と同じでああることを確認するのです。
ですから、同じ規格であっても型式が異なる場合は改造車の扱いなりますので、別の形の車検を受けることとなります。
なお、もし改造して排気量が上がっている場合は、課税の問題がありますので改造車件を受けなければなりません。

Comments are closed.