最近の投稿

災害時運転|要注意スポット

国内では近年夏の期間などに集中豪雨になってしまうことが多く、毎年全国各地で災害が発生してしまいます。自動車は災害にも比較的強い乗り物ですが、集中豪雨などが発生した場合では、冠水してしまった道路を走行させてしまうと、電気系統やエンジンなどにダメージが与えられることになり、その結果として中には運転不可能な状態に陥ってしまうこともあります。災害時の要注意スポットとしては、例えば立体交差道路の周辺やガード下などは非常に注意が必要です。その理由としては、立体交差道路では低い位置に存在している道路は冠水しやすい傾向にあり、道路脇の排水口の処理能力を超えてしまうことがあります。ガード下でも同じように、道路自体が下りになっていることも多く、この状態であればかなりの深さの雨水の量になってしまうことがあります。豪雨などが発生している際には、前方の道路状況を十分に確認しながら運転を行うことが必要になり、万が一に危険を感じた場合では、それ以上走行させないことが基本です。商業施設などが多い場所の場合や、その他の場所であっても、できるだけ高い位置にマイカーを移動させる方法でも対処することができます。自宅などに停めている方のケースでも、安全な場所に移動させることで安心できます。

Comments are closed.