最近の投稿

道路標識が見えない場合

自動車などを運転中、道路上の標識が見えないという経験をした方もいるはずです。
標識が見えなかったときに、本来なら交通違反となる違反を起こしてしまった場合、どうなるのでしょうか。
例えば、道路を走行中に右折したところ、待ち構えていた警察官に止められ青切符を交付されたとします。その警察官に指摘され、生い茂った街路樹の影に右折禁止の標識が隠れていたことに気づきました。
ドライバーからすれば、よそ見をしていたわけでもなく、標識を目視できる状態になかったわけですから、違反切符を切られるのは納得できない場面です。こういった状況は十分考えられます。

 

 
この場合、実は交通違反とはなりません。道路標識については「標識表示主義」がとられ、標識の視認性が悪い、つまり見えやすいように設置されていない場合は交通違反とはならないのです。つまり、標識を視認できて初めて標識の効力が生まれる、ということです。
警察官にとがめられた際、こういった主張をすれば違反切符を切られることはないはずです。もしドライバーと警察官の主張が食い違うようなら、現場の撮影をしておくべきです。のちのち争うことになった場合、ドライバーから見て標識が認識できなかったということが客観的に明示されれば、有利に進めることが出来ます。

 

 

 

 

 

Comments are closed.