最近の投稿

降雪・降雨・濃霧などの自然災害、その対処方法

自動車の走行は降雪や降雨、濃霧と言った気象や、それを原因とした自然災害にとても左右されやすいです。これらへの対策の基本としては、とにかく晴天時よりも一層の安全運転に努めると言うことが挙げられます。そしてその上で、まず降雪時は冬専用のタイヤを装着することが必須です。また高速道路などでチェーン着用が求められている場合も、それに従って下さい。雪に対して気をつけるのは勿論のことですが、朝晩はこれが凍りやすく、また水分の多い時に降った雪は雨に似た路面状況を作り出しますから、スリップにも注意が必要です。次に降雨です。降雨時は視界の確保が難しくなりますから、周囲がそれほど暗くなくてもライトをつけ、視界確保をすることが求められます。またブレーキを踏んでから停まるまでの距離が、晴天時に比べると長くなりますから、距離を多めにとることも大切です。降雪、降雨はその量が増すと、道路で立ち往生してしまうことにもつながります。外出前、また外出してからも天気予報をこまめにチェックし、必要であれば安全が確保できる場所で止むのを待つことも重要です。そして濃霧の際には、ヘッドライトをつけて下さい。ただし向きは必ず下向き、いわゆるロービームでなければいけません。上向きのハイビームだと、かえって視界の確保が難しくなってしまいます。あまりにも霧が濃くなってきた場合などは、やはり無理をしないことが禁物です。道路上でストップしてしまうのは危険ですから、やはり安全が確保できる場所まで移動して状況が変わるのを待つと良いです。

Comments are closed.