最近の投稿

こだわりのドレスアップで見た目を好みにカスタマイズ!

テクスチャー01車をドレスアップする時は、正規のメーカーが販売している純正のパーツを購入すれば不正改造になりません。初心者が最も最初に取り掛かるのが、マフラーです。マフラーを交換すると音が代わり、排気効率が上がるためエアクリーナーを交換して吸気効率も高めると良いです。ドレスアップ目的であれば、車高を低くすると見た目がかっこよくなります。車はタイヤがそのまま付いてわけではありません。段差や振動を直接受けるのを回避するために、タイヤにバネをつけて車体を載せています。バネは高さを調節できるので、車高が変わります。しかしバネが短いと地面の振動がお尻に伝わりやすいので、乗り心地が悪くなることは把握しておきます。内装で雰囲気が大きく変わるのはダッシュマットを使うことです。ダッシュボードのカバーのことで、車種別に作られたマットをそのまま載せるだけで簡単にドレスアップできます。フロントガラスの内側にはエアコンの吹き出し口やスピーカー、エアバッグなどがありますが、専用のマットは塞がないように設計されているので、トラブルの心配はありません。足元の汚れを扱うカーマットは、普段は人の目に触れないので地味なものが多いです。これは純正でなくても様々なバリエーションが楽しめる内装の一つです。

Comments are closed.