最近の投稿

DIYでのNG行為とは?

 

DIYをする際に禁物となる行為が、DIYをしたことによって起きたトラブルをメーカーなどにクレームをだしたりすることになります。
DIYというのはあくまでも自己責任となりますので、それによって起きたトラブルというのをメーカーなどに責任を転嫁することはできないのです。

もちろん、DIYように入手したパーツに欠陥があったなどといった場合には、それに対してクレームを入れるのは正当な権利ですから問題はありませんが、そのパーツ自身は問題がなくそれを使用したことによってなにか問題が発生してしまった時にはメーカーの関与せざる部分となりますからクレームを入れるのはNGとなります。
特に車のメーカーに対しては純正品以外の仕様によって起きたトラブルというのは、想定外の使用となるのでどのような場合であっても自己責任となってしまうので注意が必要です。

車というのは非常に精密なものですから、それをいじるということはそれなりのリスクがあるということでありそのことを理解した上でカスタマイズをすることが重要な事になります。
そのため、DIYをするのであれば最悪何が起こったとしてもそれを受け入れるという気持ちでカスタマイズをして、メーカーにクレームを入れないようにしましょう。

 

Comments are closed.