最近の投稿

クーペのデメリットを感じるポイント

 クーペというのは基本的に走りを求めたスタイルであり、おのずと全体的な装備も走りに対して特化している装備になるので「日常での利用」というのにはほどほど向いていないスタイルでもあり、そこが良くデメリットとして上げられます。
まず積載量も搭載人員も少ないとい問題があります。これは空気力学などを求めているため荷物を積むと言う事をあまり考えておらず、昔から「二人で旅行に行くときは一人は運転し一人は膝の上に荷物を載せる」という皮肉がなされる世界でした。
また走りを求めればもとめるほど全体的なセッティングも限られてくるため、物によってはシートの移動すらできないタイプがあるなど、乗り手の体格を選ぶ面があります。
その上、クーペを求める人間の多くが走りを求めていて、燃費などはほとんど考えていない為排気量が高く安定性がある一方で、燃費は悪いですし全体的な部品の値段も高くなる傾向にあります。
このようにクーペは趣味性が高い車種なので、普段使いにおいてはどうしても不便を感じてしまうシーンが多くなります。
ただ最近では軽自動車のクーペを作ったり後ろに座席を増やすなどして、普段の生活に根差しながらも趣味性が高いクーペも増えてきています。

Comments are closed.