最近の投稿

ブレーキフルードの点検の重要性

ブレーキフルードというのは自転車でいえばブレーキレバーを握った時に引っ張られるワイヤーの部分になります。ワイヤーが引っ張られることによってゴムがタイヤを挟み込んでブレーキをかけるのです。しかしこのワイヤーでは軽くて簡単な乗り物ならいいですが、安全性に欠けてしまうのでブレーキフルードが使われているのです。点検の必要があるのは劣化しているかどうかを確認しなければいけないからです。劣化していることは色の変化などでわかります。綺麗な色から茶色のような色になっている場合は交換のサインです。使い続けているとブレーキをかけ続けた場合に沸点が下がっているという欠点が出てきます。沸点が下がるとフルードから泡が出てしまいブレーキの効きめが悪くなるという症状が出てしまいます。特に危険なのが下り道がずっと続くような場面です。常時ブレーキをかけていなければいけないような状態ですから、高温になりがちです。点検をしていないふるいブレーキフルードだと危険というのはここにあります。ブレーキフルードにもランクがあり数字が大きい方が沸点が高いのですが、現在では普通に使用する場合に最もいいものが標準装備されているのであまり心配することはありません。

Comments are closed.