最近の投稿

Archive for 4月, 2016

実用性と使い勝手の悪さ

車の購入時には自分たちのライフスタイルに合っているかどうかも検討していきますが、その中でなるべく自分の乗りたい車かどうかも考えていくことになります。出来れば誰もが運転していて楽しいと思える車に乗りたいと思っているからです。そんな中で、ボディタイプも基本的にはミニバンや軽自動車などの手軽な車に人気が集中するのですが、それでも一部からはクーペも根強い人気を誇っています。このクーペは箱型2ドアの車を指しますが、スポーツ性能などをさらに特化させていった場合はスポーツクーペなどと分類されることもあります。どちらかと言うと実用性には欠けているのですが、それでも走っていると楽しいという車ばかりです。後部座席もありますので、それほど人数を乗せられないという事はありません。メーカーによっては4ドアクーペと称するような車もあります。使い勝手については意見もありますが、趣味寄りの車と言えるでしょう。使い勝手としてはそれほどよくないと言われつつも、あまり乗る人が一般的にはいないこともあって、高級車と言うイメージも持たれやすいです。その為、所有しているだけでも少し優越感を感じられるところもあります。日々乗っていく車を選ぶ時には、趣味と使い勝手の部分が程よくマッチするようなタイプも探してみてください。

乗車できる定員が少ない

クーペと言えば走行性を重視したスポーツタイプの車両といったイメージがあります。高級志向のスポーツタイプ車両に多く採用されている形式ですが、簡単に説明するとツードアで走破性に特化したスポーツタイプの車両のこと。多数の人間を乗せることを想定していないため、どうしても乗車スペースに限りがあります。完全にツーシーターのものもあったり、後部座席があったとしても非常に狭かったりと、家族向けの車両といったイメージではありません。それよりも車が好きな方が所有する、嗜好性の高いジャンルです。また、社内が狭いだけでなく、乗り降りが不便なのもデメリットの一つ。ツードアのため、後部座席に乗り降りする際は、助手席か運転席どちらかのドアから行わなければならないからです。特に雨の日などは傘を差したりしなければなりませんし、あまり長い時間駐車することのできない場所での乗り降りは周りの車両に迷惑をかけてしまうこともしばしば。このように利便性の高い車両とは言い難いのも事実です。しかし、走行性を追及された車でもありますので、走る楽しみを充分に感じることができる車両です。クーペを所有するのであれば乗車人数に制限があることや、乗り降りの際の不便性もよく考慮し、上手に付き合っていかなければなりません。

クーペのデメリットを感じるポイント

 クーペというのは基本的に走りを求めたスタイルであり、おのずと全体的な装備も走りに対して特化している装備になるので「日常での利用」というのにはほどほど向いていないスタイルでもあり、そこが良くデメリットとして上げられます。
まず積載量も搭載人員も少ないとい問題があります。これは空気力学などを求めているため荷物を積むと言う事をあまり考えておらず、昔から「二人で旅行に行くときは一人は運転し一人は膝の上に荷物を載せる」という皮肉がなされる世界でした。
また走りを求めればもとめるほど全体的なセッティングも限られてくるため、物によってはシートの移動すらできないタイプがあるなど、乗り手の体格を選ぶ面があります。
その上、クーペを求める人間の多くが走りを求めていて、燃費などはほとんど考えていない為排気量が高く安定性がある一方で、燃費は悪いですし全体的な部品の値段も高くなる傾向にあります。
このようにクーペは趣味性が高い車種なので、普段使いにおいてはどうしても不便を感じてしまうシーンが多くなります。
ただ最近では軽自動車のクーペを作ったり後ろに座席を増やすなどして、普段の生活に根差しながらも趣味性が高いクーペも増えてきています。

趣味で車を楽しむ人には根強い人気

ドライビングを楽しみたい人や、クルマそのものを趣味としている人に人気があるのは、クーペタイプのクルマです。スポーツカーと言われるクルマの多くは、クーペであることがほとんどだからです。クーペは、2ドアで2シーターもしくは前席優先タイプの4人乗りタイプのクルマのことを指していましたが、今ではスポーツタイプのクルマにはよく使われていて、4ドアクーペというものも存在します。車高が低くて流線形のボディをしたクーペは、まさに走行性能を如何なく発揮するためのボディと、ハイスペックなエンジンを搭載したモデルが多いのが特徴です。空気抵抗を計算して出来上がったボディなので、高速道路でも優れた安定性を示し、ハンドリングや運動性能の良さでは、峠道などのワインディングでも、キビキビとした走りを楽しめるのです。そのため、ドライビングにこだわる人には、昔から根強い人気があります。クーペの中でもスーパーカーは別格の人気とカリスマ性があることで知られ、プレミア価格がつく車種がたくさんあるのです。国産車のクーペ自体は、ミニバンやエコカーブームのせいで影が薄くなっていましたが、より高級路線のモデルやハイスペックなモデルも登場してきて、また盛り上がりを見せています。

走りを楽しめる高性能のエンジン

エンジンの性能によって、車の走りは全く違ってきます。
この性能を示す数値として覚えておきたいのが、「最高出力」と「最大トルク」です。自動車用語では、この2つは短距離選手と相撲取りに例えられることもあります。
最高出力は短距離選手で速さを示します。一方、最大トルクは相撲取りのような役割で、車が完全に停止している状態から、加速状態に移行させるための力を与えるものです。出力軸が回転すればするほど、最大トルクが高いといえます。
最高出力は速さ、最大トルクは停止状態から加速状態に移行させる力、と覚えておくと良いでしょう。
高性能ということは、この最高出力と最大トルク数が高いという事です。ただ、自分がどのような走りを楽しみたいのかによっても、選び方は異なります。
思いっきり加速させたいという人であれば、最大出力は高めのものを選んだほうが良いでしょう。逆にパワー重視の走りを楽しみたい人は、最大トルクに気をつけてみると良いでしょう。前者は例えばスポーツカーなどで楽しみたい人、後者は山道などを楽しみたい人です。山道は特にパワーを使うシーンが多く、カーブなどで速度を緩める回数も多いです。なので、パワーが大切になってきます。

クーペのメリットを感じるおすすめポイント

テクスチャー13車好きにはたまらない魅力を感じるのがクーペです。
クーペのメリットはまず、何といっても流れるようなシャープなボディラインが特徴としてあげられます。車高の低さもスポーティな魅力を引き立てていて、運転に関しても、普通車と比べ小回りが利くので、運転技術がアップしたように感じることもありそうです。
運転が好きな人には大きな魅力であり、運転を楽しむための車として所有する人も多いでしょう。
車高が低いため、乗り込んだ時の高級感や優越感は、なんともいいがたい感覚で、クーペファンには最大のステータスともいえます。
エンジンも高性能なものを搭載しているものが多く、走りを楽しむ人は、スポーツカーとして乗るため、デザイン性からエンジン音までをトータルで考え、自分の走りを意識して乗っているでしょう。
ハンドリングも早く、足回りも固めなので、コーナーリング時の体感は他の車種では感じられない走りが得られます。
最近では、ノッチバック、ハッチバックを採用した形の車種も登場し、走りだけでなく、使い勝手の良さに焦点をあてたものにも注目を集めています。
実用性は低いにも関わらず、根強い人気があるクーペの魅力は、美しいフォルムと美しい走りにあります。

ハッチバッククーペの魅力

テクスチャー12セダンやSUVが全盛であり、ハッチバッククーペは販売がとても少なくなっています。この形状はクーペのスポーツカーとしての動作性能にハッチバックの利便性を追加したモデルです。ハッチバックの利便性は追加されていますが、車内はそれほど広くありません。これは走行性能を優先したために車高を低くしているからです。ただし、クーペの運動性能はとても高いのでハッチバック後部ドアの開け閉めが使いやすいことを追加することで使い勝手が良くなると言われています。海外の高級スポーツカーに採用されていることが多いのですが、日本でも開発が進んでいると言われています。運動性能については主に重量配分でメリットがあります。車の重量配分は5対5が理想と言われていますが、真ん中にエンジンを置けないFF、FRではクーペモデルを利用することで重量配分が理想型に近づきます。通常、ハッチバックでは重量配分が前側に移動してしまいますが、クーペの良さを取り入れたことで使い勝手の良い重量配分の良い車ができます。実際に走行してみると重量配分がしっかりしている車は取り回しがよく、コーナリング時の安定性も格段によいようです。また、ハイパワーエンジンを積むこともできるので車の開発がよりし易いとも言われています

ノッチバッククーペの魅力

テクスチャー11

一般にクーペとは、2ドアで、ボンネットとキャビン、そしてトランクルームの3つのボックスからなるスタイルのクルマのことを言いますが、キャビンとトランクが明確に分かれているタイプをノッチバッククーペと言います。それに対して、キャビンとトランクが一続きとなっているようなスタイルのクーペをファストバッククーペと言います。

ノッチバックであることの魅力は、落ち着いた印象を与え、高級でラグジュアリーな雰囲気があることです。セダンのように型苦しさはないものの、ファストバッククーペほどの大胆さはないので、それほど一目を気にしないで優雅に乗りこなすことができます。また、独立したトランクがあるので、荷物もしっかり積むことができ、4ドアセダンと同様に、比較的遮音性が高い構造になっているのも魅力と言えます。

ただ、最近のクーペスタイルはノッチバックなのかファストバックなのか、あるいはハッチバックなのか外見からでは判断しにくいような新しいスタイルのクーペも続々登場しています。4ドアでありながらクーペのようなデザインであることから4ドアクーペと呼ばれるクルマさえあります。クーペの定義が曖昧になってきていることが要因として考えられますが、あまり型にはめない自由さもクーペの魅力なのかもしれません。

クーペにもいろいろあります

テクスチャー10クーペは、一列の主座席と2つのドアを有している箱型乗用車のことを指し、スマートなボディの形やスポーツ性の高い走りに特徴があります。そして、いろいろなタイプのある車種でもあります。以下では、そのうちの3種類を紹介します。
まず、ノッチバックタイプを挙げることができます。これは、水平のルーフパネルと傾斜のきついリアウィンドウを持っていることに特徴があります。さらに3ボックススタイルで、ボンネット、キャビン、トランクルームの3つのボックスを備えています。3種類の中で一番普及している種類で、フォーマルで落ち着いた印象を与える形です。
次に、ファストバックタイプを挙げることができます。これは、ループパネルからリアエンドまで一気に傾斜するボディを持っています。そして、このタイプにはトランクルームを持つものと、後ろドアが大きく開くハッチバック方式のものがあります。
最後に、カムテールタイプを挙げることができます。これは、ループパネルから緩やかに下っているラインが後端で急にストンと切り落とされたような形をしています。このタイプは、運動性や空力性能の向上に期待ができます。加えてよりスポーティな外観をしているので、それを理由に採用されることも多いです。

クーペはボディラインとスポーティさが魅力で人気があります

テクスチャー09いろいろあるクルマのスタイルの中で、もっとも美しいボディラインを持っているのがクーペでしょう。後席が狭いなど実用性の面で劣るために購入者は限られてしまうのですが、もし事情が許せばほしいと思っている人も少なくないはずです。4ドアセダンなどは、まず人が乗るキャビンを広く取るということを優先してデザインされているために、クルマの前後に伸びやかで流れるようなラインにし難いデメリットがあります。しかし、キャビンスペースを割り切って、2ドアボディにしてしまえば、優雅で流れるようなデザインが可能となるのです。

また、このデザインはスポーティさも魅力です。多くの人がイメージするスポーティなクルマのデザインが、まさにこれということです。実際に、見た目だけではなく、本格的なスポーツカーと比べると劣りますが、普通のセダンと比べると、ハイパワーエンジンを搭載していることが多いです。しかし、足回りはしなやかなセッティングにしていることも多く、スポーティでありながらもラグジュアリー感もうまく演出していることが多いです。若いカップルが乗るのも良いですが、子どもも独立し、時間と経済的にゆとりのある熟年の夫婦が乗るのも似合いますね。