最近の投稿

Archive for 9月, 2015

スポイラーが車幅よりも長くないか

自分で車を改造したり、ドレスアップをする場合には車検が通ることを意識して行う必要があります。特に車検では、登録されている車の寸法に対して細かい規定があるので、この規定を理解して、その範囲内に収まるように行わなければいけません。
特に車検の際に問題になるのが、ドレスアップパーツが車幅からはみ出している、というものです。
空気抵抗を利用して車を地面に押し付け、走行時の安定性を高めるもののため、ついつい大きめの物を選んでしまいがちです。しかし、日本の場合にはそれほど大きなものを装着しなければならないほど高速で走るケースはまずないですし、自動車メーカーは車のボディ形状を十分計算して設計していますので、実際には後から装着する物はそれほど大きな影響がないのが実態です。にもかかわらずこのようなパーツを後から装着するのは、やはり車をドレスアップして格好よく見せたいと思う人が多いからでしょう。
しかし、車検ではこのドレスアップパーツは非常に厳しくチェックされます。ドアミラーを除く車の幅よりもはみ出してしまっているものはすべて不適合になってしまうので注意が必要です。スポイラーなどは特に車幅よりもはみ出してしまう場合も多いので、注意して取り付けを行うことが重要です。

タイヤが車外へはみ出していないか

車というのは、通勤の足として利用したり、買い物に行く際に利用したり、旅行に行く際に利用したり等、移動手段として便利に利用出来る存在です。ですが車に乗り事故を起こすと、自身の命だけでなく、他人の命をも奪い兼ねない危険な面も持ち合わせています。そのため、車を運転する際は、交通ルールをしっかりと守り、事故を起こさない様に十分に注意する必要があるのです。
そして安全運転を実行するためには、車自体の安全性をしっかりと確保する必要があります。だからこそ車の安全性を確保するために、定期的に車検を受ける事が、法律で義務付けられているのです。車検を受ける事は、車の所有者にとっては義務となっているので、車検をパスしない限りはその車を運転する事が不可能だったりします。
特にタイヤが車外にはみ出してしまっているケースでは、車検を通るのは難しいので、注意が必要です。というのも車外にはみ出してしまっていると、細い道ですれ違う際に、対向車とぶつかってしまう危険性が高まってしまいます。同様にカープを曲がる際にもはみ出して曲がる事になるので、走行時の危険度も増します。なので車外へのはみ出しに気付いたら、出来るだけ早く改善すべきです。

最低地上高路面と車高の関係

車を所持していると、定期的に車検を通さなければならないという決まりがあります。そこで車検のできるお店に持っていくと、車の位置が低すぎるので、これでは調整が必要などといわれることがあります。
車の位置が低すぎるというのは、最低地上高路面が低すぎるという意味です。最低地上高路面とは車のタイヤが触れている地面から、車体の最も低い位置までの距離をいいます。この距離の理想は普通車の場合、9cm以上となっています。
ちなみに最低地上高路面を車高と勘違いしている人が割と見かけられますが、後者は車のタイヤの地面に接している部分から、車の屋根といった車体の最も高い位置までの距離を指します。しかし、一般的には両者を同じ意味として使用している人がとても多いため、話の流れでどちらの意味を示しているかを感じ取れば、大体理解できるでしょう。
最低地上高路面で車検に通らないのは、車体を地面や縁石などで擦る可能性があることから、お店の方で注意してくれているためです。保安基準というものが定められており、お店側はこの保安基準に則って、車検を行っています。
車体の最も低い位置をマフラーのサイレンサーとみるか、エンジンのオイルパンとみるかなど、車種によって違いがあります。

車検証に記載と違う形式のエンジン搭載していないか

日本では、新車なら3年、その後は2年ごとに車検を受けなければならないことになっています。
車の状況によっては、車検が通らないことも起こり得ます。
理由はたくさんあります。
例をあげますと、駐車違反の反則金未納でも車検は通りません。
また、またフロントガラスにひび割れがあったり、あるいは、ステッカーが貼ってあっても不合格となります。
ほかにも、車検証に記載されている内容と異なった形式のエンジンを搭載していても、車検は通らないのです。
現実に、車検のときにはエンジン形式を必ず確認しますので、漏れなくチェックされます。
たとえば、同じメーカーのエンジンの排気量が異なるものを載せていても、あるいは、同じ排気量であっても型式が違う場合は、車検は通りません。
車検では、当該の車がメーカーの指定されているものと同じの車であるかをチェックするのです。
メーカーは、国に対して販売の許可をとってから販売していますので、車検は、許可された状態と同じでああることを確認するのです。
ですから、同じ規格であっても型式が異なる場合は改造車の扱いなりますので、別の形の車検を受けることとなります。
なお、もし改造して排気量が上がっている場合は、課税の問題がありますので改造車件を受けなければなりません。

車検が通らない事例と原因例

 

車検が通らない車とは、車検で行うチェック項目で違反や不備があった場合です。具体的には、様々な理由がありますが、主には以下のようなものです。「フロントガラスにヒビが入っている」「ヘッドライトなどのランプ類にヒビが入ったり曇ったり、へこみ、ガタツキなどの不具合がある」「マフラーが破けている」「運転席のフロントガラスとサイドガラスにフィルムやシールなどが貼ってあり、視界が確保できない」「車高が規定値よりも低いといったボディの形状が車検証と著しく違う」「ホイールの破損」「スピードメーターの不具合や故障」「エンジンルーム内にオイル漏れなどの問題がある」「8人乗りの車でありながら、最後部のシートがないなどの改造が行われている」「ウインカーの不具合や故障、破損」「ハザード・ヘッドライト・スモールライトなどが点灯しない」「バックギアに入れた時にバックライトが点灯しない」「ブレーキを入れてもブレーキランプが点灯しない」「ウォッシャー液が出ないなどの不具合」「ホーンが鳴らない、大きすぎる、小さすぎる」「シートベルト警告灯が点かない」など、このようなことがあれば、車検に通らない可能性が高くなります。すべて運転者と搭乗者、また道路を使用している多くの人々の安全性の確保には、必ず必要なものです。それが担保できている車に乗っているかというのを確認するのが、車検が行われる意味です。

 
 
 

 

ユーザー車検代行の内容について

ユーザー車検とは、車をディーラーに出さずに自分で国の実施する検査を受けに息、車検だけを取得する方法です。業者に全てをまかせるよりも費用が安く済みます。しかしユーザー車検は、自分で陸運局の書類作成に出向いたり、検査コースで受験したり面倒な面があります。また調整を命じられれば、別途料金が浮上し、時間も長くかかってしまいます。そこでユーザー車検代行という形で、面倒な手続きを専門の業者に委任します。依頼すると代行業者が国の検査を受けに行きます。しかし代行業者は検査ラインに車を通すだけで、点検や整備はあくまでも自己責任で行わなければなりません。法定点検では分解整備が行われるため、認定工場ではない代行業者が点検をすると違法です。国の検査に通ったら通常のユーザー車検に戻ります。国の検査では車内部の点検は行いません。よって、ブレーキパッドの減り具合やエンジンオイルの状況は、自動車整備工場などで点検してもらいます。国の法改正で車の使用者の自己管理責任が明確化されたことから、自分の車は自分で管理するのが基本です。しかし業者車検よりも安価でできて、サポートが充実している代行サービスを利用する人も少なくありません。

ユーザー車検の内容について

自動車を所有するにはそれなりの維持費が必要となります。自動車税や駐車場代、ガソリン代に各パーツの交換費用やメンテナンス費用など。そのうちのひとつが車検です。自家用車の場合は新車であれば3年、それ以外ですと2年毎に受けなければ行動を走ることが出来ません。そこで少しでも費用を抑えるために、ユーザー車検があります。簡単に説明すると、自動車を購入したお店やディーラーに車検を頼むのではなく、自分で陸運局に車両を持ち込み車検を受けることです。そうすることで自動車を購入したお店やディーラーに支払う車検代、考えようによってはマージンを節約することができるのです。車検代を抑えることができる反面、自動車の装備について少し致死息を得ないといけません。ヘッドライトの光軸やウィンカーの1分間の点滅回数など、事細かに決められた点検項目を全てクリアしなければならず、その全てのメンテナンスを事前に自分で行った上で車検に持ち込まなければならないのです。また、地方によっても車検の判断基準が異なったり、曖昧だったりします。ですので何度か経験し、コツをつかむ必要があったり経験者からの情報収集が必要となったりしますが、費用を抑える面では有効な手段といえます。

業者車検の内容について

 

自動車車検は新車を購入したディーラーなどで行うことができるほか、自動車整備工場などでも業者車検を行うことができます。この自動車整備工場には大きく二通りあって、認証工場と指定工場があります。認証工場というのはクルマの分解、整備を行うことができる自動車整備工場のことですが、車検を行うことはできません。そのために車検が通る状態まで整備点検を行ったあと、車検場までクルマを持っていって車検を通します。

それに対して指定工場というのは認証工場でありながら、自社で車検を行うことができる工場として行政機関から指定されています。そのために整備点検を行った後、車検場までクルマを持っていく必要がなく時間を短縮することができます。一般に民間車検場と呼ばれているのは、この指定工場のことです。認証工場と指定工場のどちらを選んでもそれほど大きな差はありませんが、比較検討する場合は、費用や割引などを比較してみると良いでしょう。また、後からトラブルがないように、信頼のおける整備工場を利用することが大切です。その一つの基準として、小さな整備工場よりも、大手チェーン店に加盟しているほうが安心感があります。もちろん、小さな整備工場でも信頼のおけるところであれば問題はありません。

 

車検の種類と特性について

車検は、道路運送車両法で定められている期間内に義務付けられているクルマの定期検査を指し、正式には継続検査と呼ばれています。一般自動車の場合は、新車購入時は3年後、それ以外は2年毎に継続検査が義務付けられています。しかし、1ナンバーや4ナンバー、8ナンバーなどの車両は、1年毎に継続検査が義務付けられるケースがあります。
継続検査には、陸運局に自分で車両を持ち込んで検査を受けるユーザー継続検査と業者に依頼する一般的な継続検査の2種類があります。
業者に継続検査を依頼する場合には、5つの必要な書類があります。
所有する自動車の検査証が必要です。
検査証には、所有者や保管場所だけでなく、車体ナンバーやエンジン形式など車の情報が記載されています。住民票の移動をともなう引越しをした場合は、継続検査と同時に変更登録を行う必要があります。検査証を紛失した場合は、管轄の陸運局に紛失理由書を提出して再発行の手続きを行います
自動車税納税証明書が必要になります。納税は、自動車販売店やコンビニエンスストアなどでも支払いが可能です。自動車税納税証明書を紛失した場合は、自動車税事務所や市区町村の役所で再発行が可能です。
自賠責保険や強制保険と呼ばれる自賠責保険の加入証明書が、継続検査受ける時に必要です。自賠責保険の証明書を紛失した場合は、再発行もしくは新規の自賠責保険を1ヶ月余分に加入する方法の2種類があります。
ユーザー継続検査の場合は、上記の書類の他に陸運局で入手する書類が3種類あります。
マークシート方式の検査証と継続検査申請書、定期点検整備記録簿の3書類が必要となります。

車検前に確認しておくべきポイント

}PgžxQ車は定期的にメンテナンスをしていく事で安心して利用することが出来ます。その為、12ヶ月の点検や車検時の24ヶ月点検なども受けていくことになります。フロントガラスなどをみてそろそろ時期が来たかなと思えば、自分自身で必要な費用なども確認していきましょう。車検前にはなるべく自分でも車の状態を見ていって下さい。自動車には灯火装置がついているので、これも全て点灯するかどうかを自分自身で見ておきます。もしも切れていたら、電球の交換はしておくといいでしょう。タイヤに関しても、ヒビやわれなどがないか見てみて下さい。普段はあまり見ないという人こそ見るようにする方がいいです。ガラスや内装、メーター関連など車の内外でチェックしていきたいところはたくさんあります。一通りチェックしておいて、ここは良く見てもらおうと相談するメモなども書いておくといいでしょう。見ていても自分では良く分からなかったという事もあるかもしれませんが、その場合は車検をしてくれるところに気になったポイントとして伝えておきましょう。プロが整備してくれるから大丈夫と丸投げするのではなくて、自分でもよく内容を確認した上で車検をしてもらうようにしてみて下さい。